ニュース

帽子を被ると蒸れて抜け毛が増えるし、帽子無しでも直射日光のダメージを受ける髪の問題は解決するのか?

時々話を耳にすると言う人も居ると思いますが、仕事でヘルメットなどを被っていると髪が薄くなりやすいそうです。

ヘルメットを被って作業している人には悪いのですが、実はヘルメットなどの蒸れやすい帽子などの被り物をしていると、頭皮が蒸れて血行が悪くなってしまう事が原因で髪が抜けやすくなってしまうのです。

血行が悪くなると髪の毛根に栄養が行き届かなくなってしまうので、それで髪が抜けやすくなってしまうのですが、毎日仕事で被っている人は注意してみてください。

特に夏場は蒸れをなかなか解消するタイミングが無く、朝被ったら夕方退勤するまで被りっぱなしと言う状態の人もいると思うのです。

となると、帽子を被らない仕事をした方が良いと言う事になりますが、1日中屋内に居る仕事の場合は特に問題は無いと思います。

むしろ、外回りの営業をやっている人で、太陽光がサンサンと降り注ぐ外を歩いて移動する事が多いと言う人は、直射日光が頭皮に当たると毛根に紫外線のダメージを受けて髪が抜けやすくなるそうです。

頭皮や髪にも日焼け止めを塗れれば良いのですが、なかなかそうも行かないので出来れば帽子を被って出かけて欲しいですね。

所が、帽子と言うと蒸れて頭皮の血行が悪くなる恐怖もあるので、迂闊に帽子を被ってはいられない!と思っても仕方が無いかも知れません。

確かに、普通の帽子でも長時間湿度が高くて陽射しが降り注ぐ場所に居続けた場合は、髪の健康を守っていられない可能性が高いですが、日影や屋内に入ってしまえば特に帽子だろうが帽子無しだろうが関係なくなるのです。

帽子を被っていても蒸れにくくするのは難しいですが、いつでも頭皮を換気することが出来る帽子なら、日差しも蒸れも防いでくれると思います。

ただ、そんな理想的な帽子と出会うのは難しいと思うので、気長に探してみるかもしくは自分で作ってみるのも良いでしょう。

-ニュース

© 2021 トレンドコフレ【Trendcoffret】 Powered by AFFINGER5