ニュース

身体を洗う時、ゴシゴシアカスリタオルを使っても素手で擦ってもあまり変わりはないらしい話

普段、お風呂に入った時に身体を席巻などで洗うと思うのですが、多分殆どの人がアカスリタオルで身体をゴシゴシ擦って洗うと思うのです。

でないと、お風呂用品が売ってるコーナーなどに出かけると、かなりの数の垢すりタオルが陳列されているのを見るので、多くの人が毎日お風呂で身体をゴシゴシしながら洗っているのでしょう。

ゴシゴシしていると垢と言うか汚れが落ちている気分になると思うのですが、ゴシゴシ擦って出てきた垢は本当に汚れなのでしょうか。

特にアカスリタオルを使っていない状態でも、素手で肌を擦ると消しゴムのカスの様なものがポロポロ落ちて来るのですが、実はそれは肌の一番表面にある角質だったりします。

角質は肌の細胞の死骸だったりするので、普段は肌の表面で鎧の様な役割を担っているのです。

その角質をアカスリタオルで毎日擦って剥がしているのですが、あまり剥がし過ぎると今度は肌のバリア機能と言うのが低下して、乾燥肌になりやすくなったり肌荒れや湿疹などになりやすいそうなのです。

なので、そう言った肌トラブルが身体の方に出ない様になのかそれとも、ただ単にアカスリタオルが苦手なだけかも知れませんが、ゴシゴシ擦られる様な感覚を感じない普通のタオルで擦っていたり、手に石鹸を塗りつけて手で擦る人も居るのです。

手だけで汚れが落ちる訳無いだろう?と思われるかもしれませんが、肌の上の汚れは、お風呂に最初に入ってシャワーなどを身体にかけて流すだけで、大半の汚れが落ちているそうなのでゴシゴシは不要だったりします。

よく洗面所で手を洗うのを思い出して欲しいのですが、手を洗う時は両手をすり合わせるだけで洗い終わってしまうので、当然身体を洗う時も手で擦るだけで汚れや角質は落ちて行くのです。

なので、日頃から背中や腕が痒くなり乾燥肌気味だと言う人や、湿疹などが出やすいと言う人は、アカスリタオルを止めて手で身体を洗う様にして行きましょう。

-ニュース

© 2021 トレンドコフレ【Trendcoffret】 Powered by AFFINGER5