ニュース

休みにたくさん遊んだり、動画を見たりしてダラダラ過ごすのは全然休んでいないことになっている

ゴールデンなウィークで始まった5月ですが、多くの人が日頃の疲れを癒すべく、ダラダラと休日を満喫していたと思います。

こんなに長い休みはしばらく来ない、お盆休みになるまでは来ない人の方が多いと思うので、各自好きな様に過ごしていた事でしょう。

普段の休みはほぼ寝て過ごしてしまって、やりたかった事を何も出来ていないと言う人は多そうですが、日がな一日ダラ~っと動画を見て過ごしたり、漫画を読んだりして過ごして数日が経過してみてふと気づくのが、思っていたよりも休んでいる実感が湧かなかった事かも知れません、

むしろ、普段の平日の仕事の後に来る短い週末の休みの方がしっかりと身体が休んだと言う印象があるのが不思議だ!と、思っている人が多いと思うのです。

実は、身体がしっかり休んだと認識させるためには、長い睡眠時間を取った!と言う認識と実績が必要になって来るのです。

休むと言うと、身体を動かしていない状態だと思っているかも知れませんが実際は、脳が休んでいる状態が休むと言う事だったりするのです。

脳が思考を停止して、完全に意識不明と言う名の睡眠を実行している状態にならないと、身体は休んだと言う認識を決定づけて来ないのです。

なので、GW中に休んだ筈なのに全然疲れが取れていないと感じている人は、しっかりと睡眠時間を取る休みを実行して来なかった人だと言えるでしょう。

この、脳の睡眠をしっかりすると、身体全体の疲労はもちろんの事、肌代謝が上がったり髪が伸びたり、中には身長が伸びる人も居ると思うのですが、睡眠時間が少ないとこれが実行されない夜ばかりになってしまうので、中には身長があんまり伸びなかった事を思い出している人も居るかも知れませんね。

睡眠は、ただ眠いから寝るのではなく人体の健康を維持したり、体力を回復させるのに重要な欲求なのです。

と言う事で、ゴールデンなウィークをただ無駄に消化してきた人は、しばらくの間は週末の休息をしっかり取る事を心掛けて欲しいと思います。

-ニュース

© 2021 トレンドコフレ【Trendcoffret】 Powered by AFFINGER5