ニュース

これから天気が変わりやすい季節になって来るので、体調が優れなくなる人が増える?


とうとう5月になってしまいましたね。

4月が結構短かった印象を持っている人は多いかも知れません。

4月は新入社員の入社式や学校の入学式など、節目の慌ただしさがあっていつの間にか時間が過ぎていた!と言う感覚を持つ人が多いと思うのです。

また、色んな新しい事を覚えたりやらなければならなくて、てんやわんやな日々を送っていたら、いつの間にかGWに入っていた感じだと思います。

しかも気付いたら、GWだと言うのに天気が悪い日が続いていて、体調が良くないと感じている人も多いかも知れません。

昔から、天気が悪くなると関節が痛むとか頭痛がすると言う様な症状が出て来る人が近年は増えていて、まだ天気は晴れていて雨が降りそうな気配が無いのに、天気予報では夜から雨と言っている先の天候や気圧の変化だけで、身体が重くなる様な感覚になるそうです。

この感覚は、ある意味超能力?的なものかもしれないと思う人も居るかも知れませんが、実際は人体から発せられる圧力と外気の気圧とのバランスが崩れることにより、身体の中の色んな圧バランスに歪みが生じるからだと言われているので、科学的な根拠の存在している症状なんだと覚えておいて欲しいですね。

でも、そう言った根拠を知らない人から見たら、気圧の変化で体調が悪くなるなんて、これから天気が悪くなるのを予想しているエスパーかな?と思われる可能性もあると思います。

気圧の変化で体調が、全く悪くなったりした事が無いと言う人も居ますが、気圧の変化で急に耳がツーーンとした経験はあると思います。

特に、高所に上がるエレベーターに乗った時や、車などで山の高い所に上って行った時になどに感じたことがあると思うのですが、これは急に気圧の高い所から低い所に上がって行った時に起こる現象で、当然低い所から高い所に行った時にも起こるので、お勤めのオフィスが超高層ビルの高層階にある人は、毎日耳がツーンとしながらエレベーターに乗っているのかも知れませんね。

これも気圧の変化なので、意外と結構頻繁に天気が悪くなくても人体は気圧の変化を感じるタイミングがあるのです。

5月になったと言う事は、6月頃の梅雨の季節が近いまたは早く梅雨入りして来るので、当然体調が毎日不調になる人も増えて来ると思うのですが、毎日仕事や学校を休むわけにもいかなくなってくると思うので、万全とは行かなくても程々の体調で居られる様に体調管理して行って欲しいと思います。

-ニュース

© 2021 トレンドコフレ【Trendcoffret】 Powered by AFFINGER5